相談の流れFlow

問題・トラブルの発生

事業活動を行う上では、様々な問題が発生します。弁護士はこれら紛争が発生するのを予防するとともに、いざ発生した場合には、紛争解決に向けた対応ができます。

弁護士の役割

  1. 法律問題のご相談やアドバイス
  2. 法律文書の作成や内容のチェック
  3. 相手方との交渉代行
  4. 訴訟、調停等の法律事務手続および代理

事案によってはできるだけ早期に対応・対処しなければならない問題も多くあるため、取り返しがつかなくなる前にできるだけ早めの弁護士への法律相談をお勧めいたします。

お問い合わせ・面談のご予約

ネットで法律相談予約

お問い合わせフォーム(24時間受付)に必要事項をご記入いただき、お問い合わせください。
当法律事務所でお問い合わせ内容を確認次第、メールまたはお電話にて折り返しご連絡いたします。

電話で法律相談予約

052-485-5655」までご連絡いただき、お問い合わせください。お電話でのご相談予約の際は以下の3点をお伝えください。

  1. 会社名・お名前・ご連絡先(電話番号)
  2. 相談したい内容例「M&Aに関する相談をしたい」「契約書作成の相談をしたい」「~についての損害賠償の相談をしたい」「顧問契約を検討している。」など。
  3. 法律相談のご希望日時
  • なお、ご相談者の事情を正しく理解・把握し、適切な回答やアドバイスをさせていただくため、顧問先企業様を除いて、お電話・メール等でのご相談は承っておりません。また、初回相談料(30分5500円(税込))をお支払いいただきます。
  • 相談内容によっては、来所時に資料のご持参をお願いすることがございます。詳しくは、予約時に弁護士にお尋ねください。
  • 顧問契約をご検討いただいている企業様の場合には、相談料をいただくことはございません。

ご来所

ご予約いただいた日時に、当事務所へご来所ください。

ご相談に関係する資料について

ご相談に関係する資料(契約書、決算書、定款、謄本等)をお持ちいただけると相談がスムーズになります。

必要書類の例
  • 契約に関するトラブル:契約書等
  • 労働紛争:就業規則等
  • M&A・事業承継:決算書・定款等
  • 倒産・事業再生:決算書等
  • 顧問契約:パンフレット等

事務所所在地

〒450-0002 名古屋市中村区名駅3-3-2 志摩ビル2F

法律相談

事案に応じて弁護士がご対応いたします。初回相談料は、30分5,500円(税込)となります。
ご相談時に弁護士費用等の簡単なお見積りをいたします。弁護士から提示された弁護士費用やアドバイスの内容、解決に向けた方法等からご依頼いただくかを決定してください。また、顧問契約をしていただいている企業様(同時に顧問契約を締結していただいた企業様を含む)には、顧問割引がございます。

なお、弁護士はご相談者に対して守秘義務を負っていますので(弁護士法23条)、ご相談内容はもちろん、ご相談があったこと自体を第三者に漏らすことはありません。

委任契約(事件依頼)

ご依頼いただける場合は委任契約書を作成して、委任契約を締結します。
事件処理にあたっては、随時、ご依頼者と連絡を取りながら最善の方法で問題解決にあたらせていただきます。
交渉代行や訴訟対応の場合には、受任時に着手金をお支払いいただきます。

事件処理・問題解決

事件解決、契約書作成等のご依頼いただいた業務が完了いたしましたら、委任契約に基づき、報酬や手数料をお支払いいただきます。